キリストが誕生した物語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

イエスキリストの誕生物語/一般的に言われている場所や時間について


キリスト誕生秘話!その場所は馬小屋でした。
年号や時間も解説

キリストが誕生した場所は馬小屋と言われています。
普通、馬小屋なんて場所で人は生まれないので、やはり誕生秘話があるのです。

キリストの生まれた年から正確な場所や時間など、紐解いていきます。
場所や時間は年数が経っているので曖昧な箇所がありますが、そこは聖書に沿って解説していきます。

スポンサーリンク

キリスト誕生物語


聖書でいうイエスキリストの生誕物語は、
  • 「イエスキリストの降誕」
  • 「Nativity」
と表題されるほど、クリスチャンにとっては重要な場面なのです。

それもそうですよね。
教祖の誕生物語は関心があって当然です。

クリスチャン20億人が知っているキリスト誕生の話は、知らないと恥をかいてしまう事もあります。
ですので、順を追って解説していきます。

様々な説がありますが通説を紐解いていきましょう。
まず、「なんで馬小屋で生まれたの?」という疑問から答えていきます。

キリストが誕生した場所が馬小屋だった理由。

キリストが誕生する年に当時の国家が出した政令が、「国民調査」でした。
世界中の人口は何人いるのか?という調査が大規模に行われていました。

その届出の為、街には人が溢れており、宿舎なども満杯です。
キリストを身ごもっていたマリアは仕方なく馬小屋を貸してもらい、その場所でキリストを生んだのです。
それが、キリストが馬小屋という場所で誕生した理由になります。

スポンサーリンク

キリストが生まれた時間は朝?夜?

キリストが生誕した時間は一般的な解釈だと、夜という事になっています。
聖書には「暗闇の中で輝く光」という表現が使われています。
だからといって、生まれた時間は夜という推測は時期尚早かもしれませんが、そのほうが絵になりますよね。
はっきりとした答えはありませんが、夜に生まれたというイメージが一般的です。

誕生の地はナザレ?ベツレヘム?

キリストは「ナゼレのイエス」とも表記されますが、誕生の地はナザレという町ではありません。
先述した国民調査の届出の為にイエスの義父、母親が本籍のベツレヘムに行き、そのタイミングでキリストが生まれたのです。
その後、ナザレという街に戻りキリストもそこで生活をしました。

「ベツレヘム生まれのナザレ育ち 信心深い奴は大体友達」、ということになります。

誕生の地ベツレヘムは今でもキリストに関する建物や資料がたくさん残されています。
また、馬小屋生誕説の他にキリストは、ベツレヘムの洞窟で生まれたという説もあるのです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加